知ってますか? ドローンの2つの免許

ドローンを飛ばすのに免許はいらないって思っていませんか? ですが、飛ばすドローンによって、あるいは飛ばし方によってドローンにも免許が必要です。

ドローンにもある無免許飛行

ドローンを飛ばすための免許があるってご存知でした?

それは、アマチュア無線技士免許と陸上特別無線技士免許です。
(実際に使うには資格免許取得+無線局開局の免許が必要)

なんのために必要なのかをご存知でしょうか? もしご存知ならここから先は読み進めなくても大丈夫です。あなたの時間を無駄にすることになりますから。ですが、もしこの免許について知らないなら、知らず知らずのうちに法律違反をしてしまうことも。。

アマチュア無線技士の免許がなぜドローン飛行に必要か?

日本で飛ばして良いドローンと飛ばしてはいけないドローンってご存知でしたか? 日本で飛ばして良いドローンは「技適」と呼ばれる技術技基準適合証明等のマークがついているドローンだけ。

日本の場合、主に2.4GHz帯のドローンで輸入元が技適を取得しています。しかし、それ以外の周波数帯を使っているドローンも存在しています。その一例が5.8GHz帯を通信に使っているドローンです。

細かい話は割愛しますが、5.8GHz帯を使ったドローンを飛ばすためにはアマチュア無線技士4級以上、陸上特殊無線技士3級以上が必要です。基本業務用以外は陸上特殊無線技士ではなくアマチュア無線技士資格でOK。

しかし、実際には日本に入ってきているドローンの場合は少し事情が異なります。それは業務用に割り当てられた帯域のドローンはまだほとんどないということです。

ですので、日本で手に入るドローンで5.8GHz帯を使っているドローンは「アマチュア無線技士免許」での「例外」として「業務使用」するという方法で使うことになります。

つまり、業務用に割り当てられた周波数帯以外のドローン場合は、業務使用でもアマチュア無線技士の資格が必要ということなんです。このあたりの情報は総務省に確認したので、現時点では正しい方法です。

もちろん、業務用の帯域のドローンの場合は陸上特殊無線技士が必要ですよ。今はまだ過渡期と言えるので、2018年6月時点での唯一の選択が「アマチュア無線技士免許」+「例外での業務使用」ということ。5.8GHz帯を日本で使っても良いとされているドローンを飛ばすには「アマチュア無線技士免許」が必須というワケです。

業務使用なら陸上特殊無線技士が必須

前項、書いたように現時点では、この陸上特殊無線技士。ドローンの飛行では使えません。かくいう私も、業務使用ということで陸上特殊無線技士3級の資格を取得しました。

が、使えません(笑)。ですので、近々、アマチュア無線技士免許も取得しようと思っています。

ドローンの生産国のほとんどは海外。ということは日本の電波法上の周波数帯域に完全一致することはありません。一致させようとすると仕様変更や改造が必要になり、日本のために一部製品の仕様を変えることになります。

それはコストアップにもなるし、製品管理も複雑になるのでメーカーが対応するのは難しいと言えるでしょう。実際、ドローン市場の多くはまだ北米やヨーロッパが中心です。そしてもちろん中国も飛躍的に伸びています。これらのマーケットに合わせた仕様にするというのがシンプルですよね。日本市場が伸びに伸びて仕様変更してメリットが出てくれば「日本専用仕様」も出てくるかもしれませんが・・・

というわけで、ドローンを業務使用する場合は、「陸上特殊無線技士」は必須ですが、「アマチュア無線技士」もないと仕事ができない!

ですから、もし業務使用という事で「アマチュア無線技士」を取得していないのであれば取得をオススメします。

まとめ

ドローンを趣味、業務どちらで使うにせよ、5GHz帯を使うなら免許が必要です。その免許が「アマチュア無線技士免許」、「陸上特殊無線技士免許」です。広い範囲・業務で使うなら両方の取得をしておかないと、「飛ばす事=法律違反」なんてこともあります。

私も「アマチュア無線技士免許」を持っていないので、少し調べたり勉強したりしています。試験内容は「陸上特殊無線技士」とほとんど同じです。ですので、できれば同時取得が良いと思います。

私の場合、陸上特殊無線技士3級は取得していますが、少なからず忘れていることが・・・・(笑)。同時に取っていればと後悔しています。これから取ろうと思われている方は、費用はかかりますけど、同時に勉強し取得した方が良いですよ。

知っておいて損はない「ドローンの2つの免許」でした。

(JUIDA認定講師 松永和仁)

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP